2020年04月10日

大治郎の心臓

狂犬病のワクチン接種日のこと。
混合ワクチン接種時や爪切りのときなど毎回のごとく
主治医の先生が心音を検査してくれます。
信頼しているM先生。

いつも『問題ないですね』で終わるのに、今回
『うん?』と頭をかしげて、聴診器を変える先生。
(精度が高い聴診器??)

大治郎はいつも心音検査の時、大人しいです。

真剣な顔つきの先生。

『ちょっと 雑音がしますね』

『こういう場合ですね・・・』図鑑を開いて説明を始める先生。

僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべん へいさ ふぜんしょう)の
説明・・・

不可逆的、進行性の心臓の病気
心臓の弁の異常で血液が逆流して体内に異常をきたす・・・

頭がまっしろ、今まで健康体で病気知らずの大治郎が
病気だなんて 信じられない!
症状なんて何もないし・・・

それも進行性 いずれは死・・・

もう気が動転して、先生の説明も頭に入らず病院を後にしました。

落ち着いて家でネット検索、ようやく先生の言っていたことが
理解できてきました。

●僧帽弁閉鎖不全症とは・・・
イメージがわかりやすいHPがありました↓ (ヒトの心臓ですが)


心音の違い(犬)↓


翌日 再度 病院へ。説明をきき、質問したかった事をいろいろと
話そうとしましたが、涙で声がつまって・・・
我ながら こんなに感情的になるとは・・・

先生が仰るには、きちんと設備の整った病院で
診断をしてもらったほうがよいと。
幸い、市内の心臓専門医の先生を紹介していただき、
二日後に予約とれ、診断を受けに行きました。

まずは血液検査

そして専門医の診断 穏やかで優しそうな先生。
話し方もゆっくりと、わかりやすい。
血液は今のところ正常値。

エコー診断(カラーで表示されるもの)

血液が逆流しているのが青く表示され、
逆流していることがわかる。

そして模型を使っての詳しい説明
心臓の構造。 高校生の時以来の心臓用語
向かって右側が上から左心房、左心室
E0EF2409-8D2E-4653-AE3A-F2A3305C723E.jpeg

白いパラシュートみたいなものが僧帽弁(そうぼうべん)
(カトリックの司教がかぶる帽子に似ているところから)

実物は向こうが透けて見えるほど薄い膜だそうです。
それが左心室の壁から張っている腱索(けんさく)という
細い糸のようなもので開け閉めされています。
この腱索も切れやすいものとか。

心臓は全身に血液を送り出さねばならないので圧力は非常に高い。
心室の壁はその圧力に耐えられるよう厚くできていますが
その上の心房の壁やその先の肺は薄い作りです。

肺できれいになった血液⇒左心房⇒⇒左心室⇒大動脈⇒全身へ

ここで弁がきちんと閉まらず一部左心房に逆流してしまうのです。
圧力の高い血流が薄い壁の左心房に入るため
徐々に心臓が大きくなります。
また、逆流するために少なくなる血流をカバーしようと
心臓自体が大きくなっていくとのこと。

大治郎の心臓のレントゲン
(主治医の先生にて)
29C70B80-78DF-4F41-8693-E1C0010F4BD3.jpeg

気管がまだはっきりと映っています。心肥大していくと
気管を圧迫し、咳が出てくる。
肺に血液が逆流することでうっ血⇒肺に水がたまる(肺水腫)

大治郎の心臓の厚さの数値(単位なし)

●左心房 1.26 (1.6以下が正常)

●左心室 2.0 (1.7以下が正常) ちょっと厚い

ステージ B1
ステージ.png

先生に、経験上のことを質問しようとしたけれど
声がつまって、泣けてきて何も言えなくなってしまいました。
が、先生は私の気持ちを汲み取ってくれて

各ステージからの存命年数、存命確立、などを静かに説明してくれました。
『一番よかったのはM先生(主治医の先生)が早期に発見してくれたことです』

早期発見、早期治療で進行をくいとめればと願うばかりです。

今後散歩は 人が歩くペースで15分

食事は塩分控えめで
(特にフード切り替えなど指示はありませんでした)

過度な運動は✖

興奮させないこと。

3か月後に再診予定となりました。

専門医での診断料 50%保険適用で9000円
DA4908FA-9E0A-4BB2-9978-2436BEF79465.jpeg

翌日 主治医の先生からの説明、お薬の処方(1週間分)
●フォルテコール 2.5 (ACE阻害薬) 血圧を下げる薬

再診600円
内服薬 840円  計1440円 税込 1584円 保険使わず。


●狂犬病ワクチンを受ける前の日の大治郎。
AE071A62-8AE1-4AA7-95E1-283934007F86.jpeg

これが最後のディスク日になるのかな・・・
これなら口の中ケガしないよと。 長年の愛用品・・・
FA22AB53-D468-4F42-99BA-19B8A26E0B5F.jpeg


私が褒めるから、よけい頑張ってたのかな・・・
062AD87C-0A6F-4AA5-B0F1-7BBD0AA585BF.jpeg

もっと、心臓ケア重視の食事にすればよかった・・・ごめんね
でも楽しかったね。
72FF00CF-4D60-4C5B-B145-6D0764D5E0CF.jpeg




●狂犬病ワクチンの日、病院に行く前の散歩

E3403319-81CD-4D90-B2D9-931C0CAB0ECE.jpeg

これからは鉄と一緒に歩き散歩だけになるね・・・
無理せず行こうね

●専門医の先生に診断してもらう日

気持ちいいお花見
91BE403F-C779-40EB-A4E1-179BE7DB1182.jpeg

B3B1776D-3522-4514-BD79-1025B2D3EA1A.jpeg

大治郎は何も知らないし、症状もないので
ディスクをしたがりました。

でも、投げられない。この瞬間瞬間に心臓で逆流が起こってると思うと・・・

今後は穏やかに、無理せずに散歩を楽しもう…


posted by . | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする